ピアニスト 大嶋美帆子の音楽日記

ピアニスト大嶋美帆子のブログです。

横浜市開港記念会館コンサート~クララ・シューマン生誕200年によせて~

先日、横浜市開港記念会館にて、横浜音楽文化協会≪おん・ぶん・きょう≫の第一回ピアノライブコンサートが行われました!

 

f:id:mihokooshima:20191120123649j:plain

 

今回のテーマは、~クララ・シューマン生誕200年によせて~、クララとその周辺の音楽家に焦点をあてたものです。

私はクララの即興曲 E-durと、ロベルト・シューマン:交響的練習曲を演奏しました。

 

クララのこのE-durの即興曲は作品番号が付いておらず、出版も作曲年から随分と経ってからでした。ロベルトと結婚してすぐの作品で、麗らかな幸せに満ちた曲です。

交響的練習曲は若きロベルトが丁度ピアニストになることを断念した頃の作品。

この曲は、当時パガニーニを筆頭にリストやショパンによっても作られた12の練習曲の形式を、シューマン独自の視点で解釈し、作られたものです。変奏曲形式の素晴らしい巨大な作品です。

 

f:id:mihokooshima:20191120125119j:plain



開港記念会館の建物が素敵で、こういう歴史のある場所で演奏すると、日本なのにヨーロッパにいる様な錯覚を覚えます。

 

こういう舞台袖とか。笑

f:id:mihokooshima:20191120124838j:plain

 

平日の夜にも関わらず、沢山のお客様にご来場いただき、嬉しかったです。

有難うございました!

 

f:id:mihokooshima:20191120124235j:plain



 

はじめまして

ピアニストの大嶋美帆子です。

この度、ブログを開設いたしました!

 

今日は一番最初の記事なので、簡単に自己紹介とご挨拶をしたいと思います。

 

高校、大学と桐朋学園大学音楽学部で学び、その後フランスへ移住し、パリ市立地方音楽院最高過程、スコラカントルム音楽院において、計5年間の留学生活を送りました。帰国後に東京藝術大学音楽学修士課程ピアノ科で学び、2018年春に卒業をしています。

 

留学生活は、ほぼ練習、レッスン、コンクールの毎日でしたが、そのご縁や副賞で留学生活の終わり頃から今まで、様々なコンサートで演奏をしてきました。

コンサートで聴いて下さったお客様とは一期一会な事が沢山あり、このブログを通して演奏活動や、作曲家・曲のことなど、様々な方とシェア出来れば嬉しいと思い、始めることに致しました。

しばらくは、過去の演奏会も振り返りながらとなりますが、一演奏家としての日々を綴っていきますので、見にきていただければ嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します♪

 

                          2019年8月30日 大嶋美帆子